プロミスネット審査情報局※家族にバレずに今すぐ借りたい人へ

プロミスネット審査情報局※家族にバレずに今すぐ借りたい人へ

プロミスはネット上で借り入れも返済もできる

>>【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断を試してみる!

プロミスは会員ページにログインすることで、ネット上から借り入れも返済も行うことができます。ネット上で返済をするためには対応している銀行口座を持っている必要があります。ダイレクト決済に対応しているのが、三井住友銀行、東京三菱UFJ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行の5行です。

借り入れをする場合、ジャパンネット銀行の口座を指定すれば24時間いつでも着金します。それ以外の金融機関では銀行営業時間内であればすぐに着金しますが、業務が終了している時間の場合、翌営業日となります。プロミスは提携しているATMの場合は手数料がかかってしまいますが、ネット上で利用すれば手数料が一切かかりません。

さらに自宅にいながら手続きができるため非常に便利です。スマートフォーンに専用アプリをインストールしてあれば、スマートフォンからの手続きも可能となっています。上手に利用して手数料を抑えることで、少ないコストで利用できるでしょう。


リスト 【プロミス】無人機に行かなくても大丈夫!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
プロミス急ぎ借り入れ
プロミス公式ページ

プロミス無人機検索
アルバイトがキャッシングする時

収入が少ないアルバイトが金融業者からキャッシングサービスを受ける事が出来るかどうかは気になるところですが、条件を満たせば審査に柔軟な消費者金融はもちろんの事、審査が厳しい銀行でもキャッシング可能です。 収入が少ないかどうかよりも、安定した収入があるがどうかが問題であり、大きな借入の場合は収入が重要な要素になりますが、小口キャッシングでは少ない収入でもキャッシングが出来ます。

大きなローンを組む場合は収入証明書が必要ですが、一社から50万、複数業者から100万円より小さい金額を借りる時には、審査で収入証明を提出する事は必要無いですし、運転免許証や保険証、パスポートのような身分証明書類のみ提出すれば対応してもらえます。 審査では職場に電話確認がある事が一般的ですから、収入よりも在籍しているかどうか確認出来る事が大切であり、金融業者側としても大きな借入出ない場合はアルバイト収入でも問題無く融資対応してくれます。

業者によってはアルバイトに融資を行わない所もありますが、消費者金融や銀行の多くはバイトやパート、派遣労働者等で収入が少ない方にも融資を行っていますし、過去に行った借金で返済しなかったとかトラブルが無ければキャッシング出来る可能性は高いです。

はじめてキャッシングするときに不安な審査

消費者金融でお金を借り入れしたい、という方も多いでしょう。借り入れを行う理由は様々ですが昔に比べクリーンなイメージが付くようになり、借り入れをする際の敷居が低くなったと思われる方も多いのではないでしょうか。しかし実際に消費者金融でキャッシングを行ったことのある方は少ないかと思いますので融資を行う際に必要な審査についてお話したいと思います。

基本的に審査は各消費者金融によって個々に差がありますので融資を受けたいな、と思う会社が決まったらその会社の事を調べておくのがベストかと思います。ですが最低限の基準、というものはあります。安定した収入力、信用度、この二つはどの消費者金融で借り入れを行うにしても抑えておきたいポイントです。 まず安定した収入力、というのは仕事で得られる収入額ではなく一定した収入が何年持続できているかという事になります。もし安定していなければ融資返済が出来ないとみなされる場合がありますので注意するようにして下さい。

次に信用度についてです。初めてキャッシングを行うのに信用なんてどうやって得られればいいの?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが要は今までお金の支払い滞納が無かったかどうかが大切なポイントとなります。例えばクレジットカードを利用したときにお金を滞納した、携帯料金を一カ月支払い忘れてしまった、という事が過去にあればその事実が消費者金融内のデータベースに記載されている場合があり、この人はお金を滞納した事があると言う事でキャッシングを利用させてもらえないといった事があります。

日頃からお金について気をつけてさえいれば審査を通過することも難しくはありません。いざという時のために気をつけるようにしましょう。

キャッシングの増額申込みを行うために

キャッシングを利用する際に設定されるのが利用限度額です。もし、初めてキャッシングを利用するのであれば利用限度額は50万円以下というのがほとんどです。しかし、もっと大きな金額を借り入れしたいという場合にはどうすれば良いのでしょうか。それは増額申込みというのを行う必要があります。今日はキャッシングの増額申込みの際に必要なことについて記したいと思います。

まず必要なことは半年以上の契約期間が経っているということです。キャッシングを利用してある程度の期間が経っていないといけません。期間はキャッシング会社によって多少の差がありますので、注意してください。いずれにしても時間が必要です。 次に必要なことは返済を遅延したことがないかという点です。毎回きちんと返済日を守って返済していたのであれば、問題ないでしょう。しかし、返済が遅れたりした場合には信用が低いと判断されますので増額が難しくなります。

さらに注意したいのは収入証明書が必要になるという点です。消費者金融は総量規制というものがあります。年収の3分の1を超える金額を貸してはいけないというものです。それで、増額申込みをする際には収入を確認するために書類が必要になりますので、それを覚えておきましょう。 以上のように、増額申込みをする際には一定の条件が必要となってきます。自分がその条件を満たしているかどうかをきちんと検討しましょう。最初から増額申込みはできませんので、まずは小さな借り入れを繰り返して信用を築くことが大切です。

キャッシングの審査で不利になってしまう原因

消費者金融や銀行を利用してお金の借入をするためにはまず申込をした業者の審査に通過する必要があります。そのためこれからキャッシングを考えている人はいかに審査をクリアすることができるかを考える必要があります。

そしてキャッシングの審査に通過するには、不利になってしまう原因がどのようなものかを知っておくと手続きをする時よりスムースにいくことが多いです。そこでどのような原因が審査で不利な扱いを受けてしまうのかというとまず他社からの借入があったり、延滞履歴がある場合です。

これらに該当すると返済してもらえなくなる可能性があるので、業者側はあまり信用することができなくなるからです。また他社からの借入は総量規制の問題にもつながってきるので、この規制によって審査に通過できないといったこともあります。

それから勤続年数が半年から1年未満の人も不利な扱いを受けてしまいます。なぜなら勤務期間が短いとすぐ仕事を辞めてしまう可能性があるので、安定性という点で不安が残るからです。